参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.226

心ここにあらざれば、視れども見えず、聴けども聞こえず、食らえどもその味を知らず。

(儒教の教典『大学』より)

 

デール・カーネギーが1936年に出版し、今でも支持されている名著『人を動かす』。

 

この本に「心から面白いと思って相手の話を聞く人は、たとえ何も話さなくても、相手に話し上手な人だと感じてもらえる」というエピソードがあります。

 

影響力のあるコミュニケーションをするために、カーネギーが言う重要な教えは究極的には2つ。

 

一つは「相手にフォーカスすること」、もう一つは「意図的に自分を変えること」である。

 

私たちは「言う」よりも「聞く」方が苦手な人が多い。

 

まして耳だけでなく目も心も使う「聴く」は、更に苦手な人が多い。

 

脳には様々な機能があり、それぞれに高度な処理が行われる。しかし、その機能を十分に働かせ、高度な処理を行うにはそこに気持ちを傾けることが必要だ。

 

いろいろと気になることがあったとしても、今この瞬間は相手に心を傾けて、意図的に自分から相手へとベクトルを変えることでコミュニケーションの質を高めていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.226