参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.240

順境の美徳は節度であり、逆境の美徳は忍耐である。

(フランシス・ベーコン 哲学者・神学者)

 

厳しい状況が続いていたその状況に耐えて、コツコツやるべきことをやり続けた。

 

やがて道が開かれ、物事が順調に進み始める。

 

今までホントにしんどかったので、少しゆっくりしたい。人間だからそう思ってしまうのも仕方ないかも。

 

しかし、ゆっくりし過ぎるのは油断を生むことになり、油断は危機を呼び込み、結局また厳しい状況になってしまう。

 

厳しい状況を乗り越え、少しゆっくりするときには曖昧な言葉で定義するのではなく、いつまで休憩するかの時間を決める。

 

ちょうどいい『頃合い』を選んで、順境なときを長く保っていきましょう。

 

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.240