参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.249

人間の悩み事は「未来への不安」と「過去への後悔」のどちらかでしかない。

だから「今」に集中するとその2つから解放される。

(とある精神科の先生の言葉)

 

フランスの哲学者パスカルは『パンセ』という本の中で「人間はひとくきの葦にすぎない。自然の中で最も弱いものである。だが、それは考える葦である」と書いている。

 

また「人間の尊厳のすべては、考えることのなかにある」「考えが、人間の偉大さをつくる」とも書いている。

 

悩むのではなく、考える。

 

悩むのは、非生産的な行為で、考えることは生産的。

 

悩んでいるとき、頭の中の状態は堂々巡りであり、考えているときは自分に対して「問い」を立てている状態。

 

「どうしよう、どうしよう」という感じではなく「なぜこうなったんだろう?どうすればいいんだろう?」と、今一番よいと思うことへと向かうことが考えること。

 

過去よりも未来の方が大切であり、大切な未来を創るのは、今。

 

悩むのではなく、考えるために「今」に集中していきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.249