参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.256

自分が得意だと思っていることに、溺れるな。

物事の「本質」を鋭く透察する心を持て。

(ピーター・ドラッカー 経営学者、社会学者)

 

ある男が自宅の前で這いつくばって何かを探している。「何を探してるんだ?」と聞くと、「カギを探してるんだ」と言った。それは大変だと一緒になって探した。懸命に探すもののなかなか見つからない。

 

男に「どのあたりで鍵を失くしたんだ?」と訊くと、「家の中だよ」という。

 

不思議に思って男に「なんで家の外で探してるんだ」と訊くと「家の外の方が明るくて探しやすいんだ」と言った。

 

そんなバカな奴いるのか?と思うかもしれない。

 

でも、自分にふり返って見たとき、探しやすいところを探すという行動は、自分が得意だと思っていることに溺れて、やりやすいことに流れてしまっていることではないだろうか。

 

物事の本質に考え、根本的な原因を改善して、着実に目標へ向かう力をつけていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.256