参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.257

短気で気性の荒い者は、火が盛んに燃えるように、周りの者を焼き尽くしてしまう。

人情味のない者は、氷のように冷たく、必ず周りの者を寒々しい気持ちにさせてしまう。

頑固で融通のきかない者は、たまり水や腐った木のように、周りの者の活力を奪ってしまう。

こうした者どもはみな、幸せや成功を手にすることが難しい。

(洪自誠 『ポケット菜根譚』より)

 

人からエネルギーを奪い取るように生きる人。

 

人に何かをプレゼントしながら生きる人。

 

常に何かを得ようと奪い取る生き方の人は、結局、誰からも何も得られない。

 

人に与えることができる人は、たくさんの人から笑顔と感謝を受け取ることができ、自分の心が温かいもので満たされていく。

 

内側に熱いものを持っていることは大切だ。

 

でもそれを熱々のままで投げつけるのは、相手のやる気や優しい気持ちなど、大切なエネルギーを奪い取ることになる。

 

相手にとってちょうどいい熱さに冷まして、受け取りやすい状態にしてプレゼントすることで、相手からも素敵なエネルギーを受け取れるような人になりたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.257