参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.259

自分のことばかり考えるから不幸になる。

(「ラッセルの『幸福論』の読み方」 小川仁志監修)

 

無欲で人にしてあげることが好きな人がいました。

 

あるとき財産を盗まれてしまいましたが、命まで取られないで良かったと言い、盗まれたのではなく人にあげたと思うことにして、心穏やかに過ごしました。

 

常に人から盗むことを考え、財産を築いた人がいました。

 

彼はいつも財産が盗まれるのではないかと心配し、人を疑い、不安な毎日を過ごしました。

 

人に与えることを考える人は、人から与えられ、心が温かいもので満たされる。

 

自分が獲得することだけ考える人は、奪われることを心配するようになってしまう。

 

泥棒の様に取ることばかり考え過ごすのではなく、サンタさんの様に与えることを喜びにして、人から心待ちにされるような人物になっていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.259