参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.261

間違いをしたことのない者は凡庸である。

そのうえ、いかにして間違いを発見し、いかにしてそれを早く直すかを知らない。

(ピーター・ドラッカー 経営学者)

 

凡庸とは、優れた点がなく平凡なこと。

 

平凡で取り柄がないこと。

 

読み方が似た言葉で「汎用」という言葉がある。

 

汎用とは、広い範囲で用いることができるもの、応用できるもの。

 

凡庸は、平凡であるだけでなく、優れた点や取り柄がないこと。

 

でも、優れた点や取り柄のまったくない人がいるのだろうか。

 

「十人十色」という言葉があるように、人はそれぞれに特徴をもって生きている。

 

特徴は捉え方を変えると、その人の強みや才能である。

 

自分の強みを見出すことができた人は、その強みを汎用的に活用することができるようになる。

 

「あの人は何をやってもうまくできる」というような状態だ。

 

凡庸な人は、自分の持つ優れた点や取り柄を見出そうとしてなかったり、磨くことができていなかったりするから、同じように努力しているつもりでも、なかなか結果がついて来ない。

 

自分の優れたところを見出し、それを磨いていくためには、いろんな経験をすることが必要だ。

 

挑戦し、失敗し、落ち込み考え、修正を繰り返すことで、やがて強みが磨かれていく。

 

凡庸から抜け出し、汎用的に自分の才能を活かせるように、勇気を持って行動をし続けていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.261