参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.263

想像力は知識よりも重要だ。

知識には限界があるが、想像力は世界を包み込む。

(アルベルト・アインシュタイン 理論物理学者)

 

想像力は、人間が物事を理解するための基本的な能力であり、経験に意味づけをしたり、知識を理解につなげる役割を果たしている。

 

人が想像をしているとき、心の中で映像が映し出されている。

 

今まで肉眼で見たものに「心の目」を通してみたものが加えられて想像の世界がイメージとして描かれている。

 

その「心の目」が曇っていると、想像する映像も曇ったものになってしまうし、黒く濁っていると黒い映像になり、すっきり晴れているとクリアな映像になる。

 

心の目は、今まで自分が見たものだけでなく、聴いたもの、感じたものなど、すべての経験からつくられる。

 

その経験は自分が経験したものもあれば、人の経験を本で読んだり人から聴いたりしたものもある。

 

たくさんの良書に読み、素晴らしい方々から体験を教えていただき、それらを素直な心で受け入れて心の眼力を上げて、想像力を高めていきたいと思います。

 

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.263