参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.281

鍬を持って耕しながら、夢を見る人になろう。

(井深 大 SONY創業者の一人)

 

盛田昭夫とともにSONYを創業し、世界的企業に成長させた井深大氏。

 

著名な発明家として知られ、早稲田大学時代に発明した製品はパリの万国博覧会で金賞を受賞した。その後、技術担当の井深、営業担当の盛田として、世界初の製品を次々と世に送り出し、SONYは戦後日本復興の象徴的企業となった。

 

豊かな発想を持った井深氏と盛田氏、二人の柔軟な頭が次々と発明を生んだ。

 

耕すのは、土を掘り返したり反転させたりして、土壌を柔らかくして、作物を育ちやすくするため。

 

頭も柔らかくすることで、発想がいろいろ生まれ、発想したアイデアを行動してみることで人は成長していくことができる。

 

生まれたときから頭が固い人はいない。

 

歳をとるから頭が固くなるわけではない。

 

知識や経験によっていろいろ先入観を持ってしまい、行動をしなくなることで段々と頭が固くなってくる。

 

世界は自分が考えているよりも大きいものだ。

 

自分の知らない世界はまだまだたくさんある。

 

先入観を捨て、頭の中も耕し、柔らか頭で行動し、夢の実現に向けて進んでいきたいと思います。

 

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.281