参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.284

人生は、にこにこ顔でいのちがけ

最善の努力というのは、あらゆる条件を考えて、いつまで続けても過労が出ず、努力の中に笑いがあるようなものだ。

(平澤 興 京都大学第16代総長)

 

苦学して京都大学医学部を卒業、中枢神経の研究では世界でも認められるほどで、猛烈に医学の研究に打ち込んだ平澤氏。

 

医学の研究は当然原書を読まなければならない。

 

頑張って1時間1ページ読める本は、1時間で3分の2か半分ぐらいに設定し、半年間で3000ページの医学書を原書で読んだ。

 

1ページ1時間で読めたとしても、1日16時間以上も難しい本を読んでいたことになる。

 

それだけのことができたのは、計画の段階で余裕を持った設定をすることが大事。

 

あらゆる条件を考えて、余裕をもって設定していると、実際に行っていく中で余裕が生まれ、笑顔を保ちながら努力を続けることができるという。

 

『準備の段階では、ネガティブに様々な状況を考え、行動し始めたらポジティブにどうしたできるかだけを考える。』

 

稲盛和夫も同じようなことを言っている。

 

長く継続しても疲れが出ないように、計画と準備を丁寧に行い、笑顔を絶やさず進んでいきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.284