参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.286

始めるときから、うまくやる必要はない。

だが、始めなければ人生はうまくいかない。

(アラン&バーバラ・ピーズ 『ブレイン・プログラミング』より)

 

期限のないものに対しても、ちゃんと計画的に実行できる人、期限が決まっていないとなかなか重い腰が上げられない人。

 

夏休みの終わりごろになって、慌てて宿題を片付けていた私は、間違いない後者のタイプだった。

 

そんなタイプの人でも、期限を決めるときに、3つの方法を守って決めることで、ギリギリになって慌てない、着実に実行できる人になると、ピーズ夫妻は『ブレイン・プログラミング』の中で記している。

 

●効果的に「期限」を設定するための3つの方法

 

1.現実的であること。

実際に達成できそうな期限を切る。

 

2.短めであること。

期限は短めにする方が、よい結果を出せる。

 

3.すぐに実行する。

何度も考え直してはいけない。すぐに行動を開始すること。

 

上手くやっていないときから、うまくやろうと考えても何も始まらない。

 

「失敗を恐れずまず始めてみる」の精神で、目標に向けて着実に実行できる人であり続けましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.286