参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.291

賢い人とは、多くのことを 知る人ではなく、大事なことを 知る人である。

(アイスキュロス 詩人)

 

何かの問題について話し合っているとき、素晴らしい意見を出してくれる人がいる一方でどこかピントが外れた意見の人がいる。

 

自分の得意なこと知っていることを、とにかく披露しようとする人の場合、論点がずれた話をしてしまう場合もある。

 

自分のことばかり考えていると、ピント外れの意見が多くなる。

 

相手やチームのことを考えられる賢い人は、大事なことは何かを知っている人。

 

常に相手や仲間のことを考えて、賢い人でありたいと思います。

 

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.291