参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.293

「鈍刀を磨く」

鈍刀をいくら磨いても 無駄なことだというが

何もそんなことばに 耳を貸す必要はない

せっせと磨くのだ

刀は光らないかも知れないが

磨く本人が変わってくる

つまり刀がすまぬすまぬと言いながら

磨く本人を 光るものにしてくれるのだ

そこが甚深微妙の世界だ

だからせっせと磨くのだ

(坂村真民 仏教詩人)

 

甚深微妙(じんしんみみょう)

初めて聞いた言葉だったが、甚(はなは)だ深く、微妙で計り知れないという意味で、すなわち、この上なき素晴らしさを表しているらしい。

 

磨けばすぐに光るものもあるけれど、せっせせっせと磨いてもなかなか光らず、それでも光ると信じて磨き続けて、光を放つようになったものはより深く、そして長く輝き続けるものになる。

 

才能のなさに嘆いていないで、結果ばかりを気にしていないで、正しい努力は必ず実ると信じて、自分を磨き続けていきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.293