参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.312

束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。

悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。

逆境があるからこそ、私は走れるのだ。

涙があるからこそ、私は前に進めるのだ。

(マハトマ・ガンジー インド独立の父)

 

人はそれぞれに意思があるから、束縛を望まない。かといって放ったらかしにされるのは、もっと嫌なことかもしれない。

 

人は幸せを望んでいるから、悲しみは味わいたくない。かといって毎日が楽しいことばかりだと、やがて馴れてしまって楽しいと感じなくなる。

 

人は少しでも前へ進みたいと思っているから、逆境の中にいたいとは思わない。でも、逆境に耐えることは人は強くなる。

 

人は嬉しいことを望んでいるから、悔しい思いはしたくない。でも、悔しさを味わうから経験から学びを得る。

 

束縛があること、悲しみを味わうこと、逆境にあること、涙すること、普通は避けたいと思うことばかりだ。しかし、それらはすべて私たちを成長させ、より大きな幸せをつかむために必要なこと。

 

捉え方を変えて前向きな心で道を進んでいきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.312