参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.313

自分に100%を求める完璧主義の人は、心の裏側に極度に失敗を恐れる気持ちを抱えている。

そんな人におすすめしたいのは、まずは80%でやってみるということ。

(斎藤茂太 医学博士)

 

斎藤茂太さんの父は、歌人で精神科医の斎藤茂吉さん。几帳面で神経質、完璧主義の超真面目人間だった。

 

反対に母親は、自由奔放で好奇心旺盛、楽天的で外交的。

 

正反対の両親だった。

 

戦後、父の病院が焼けてしまったとき、母が「茂吉が歌を書いて返します」と言って、出版社からお金を借りて病院を再建したという。

 

ピンチの時あれこれ悩まず行動を起こしてみる。

 

茂太さんの母のように行動的な人の方が、落ち込みすぎることなく、前へ進んでいくことができる。

 

100%を出そうとするとタイミングを逃すかもしれないが、60%の力では困難を掻き分けられないかもしれない。

 

80%の力でまずはやってみることで、山あり谷ありの人生を確実に前へ進んでいきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.313