参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.314

何事も全身全霊でやる。一生懸命やって損になることは何もない。

(鈴木隆夫 伝説のコンシェルジュ・ドライバー)

 

世界的な超VIPから指名を預かってきた鈴木隆夫氏。

 

世界の超VIPの方々を虜にしてきたおもてなしから『伝説のTack』と言われた人である。

 

鈴木氏の一瞬で超VIPを虜にするおもてなしの極意は、特別な言葉やテクニックなどではなく、相手のことを全身全霊で思うこと。だから何事も鈴木氏は一生懸命に取り組むという。

 

その人が持つ体力と精神力のすべてを傾けること、それが全身全霊ということであり、ドラゴンボールで悟空がかめはめ波を出すときのような、完全に集中が高まっている状態だと私は思う。

 

全身全霊を傾けることができれば、きっと自分でも想像していないような力が発揮できる。しかし、そのためには集中力を鍛える必要がある。

 

一生懸命に物事に取り組んで損になることなんて何もない。

 

高い集中力で全身全霊を傾けられる自分になるために、今週も一生懸命やるべきことに取り組んでいきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.314