参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.315

人に大切なものは、知識よりも才能よりも何よりも真剣味であり、純潔な情熱である

(安岡正篤 東洋思想家)

 

ダイエットして理想の体に近づきたい。

1週間後にと考えると難しい。

でも1年後だったら何とかなりそうな気がする。

 

時間があるということは心に可能性を与えてくれる。しかし、まだまだ時間があると思って油断してしまう。

 

もし、1ケ月後までに絶対やらないといけないことだったら、1年後のダイエットよりも真剣になるのではないだろうか。

 

また本当に心からやりたいことだったら、情熱を持って取り組むことができるのではないだろうか。

 

時間が限られているおかげで真剣になれる。

 

自分がやりたいことだと認識するから情熱が傾けられる。

 

だから、目標にはハッキリと期限を決めて、達成した時の喜びをしっかりイメージして、真剣みと純粋な情熱で進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.315