参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.330

ゴールを見極め信念を持つことです。

それがモチベーションの維持に繋がるだけでなく、どんな壁があっても目標に向かって走り続けることができる。

(吉野彰 旭化成名誉フォロー)

 

今やあらゆる電化製品に欠かせないリチウムイオン電池、その開発でノーベル賞を受賞した吉野彰さん。

 

電池が発明されて200年余りの歴史の中で、その中でもリチウムイオン電池は革命的なものだという。

 

1970年代に開発されたが、実用化には時間がかかった。

 

1991年にソニーが小型ビデオカメラに採用することで、改良に改良を重ねたリチウムイオン電池は商品化された。

 

その後、1995年インターネット時代の到来や、デジタル携帯電話の登場で一気に普及することとなる。

 

努力を重ねてきたことが、いつの時期にどのような形で実るかはわからない。

 

ゴールを見極め、しっかりと軌道修正をしながら様々な壁を乗り越えて進んでいきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.330