参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.334

悩まない人は成長しない。そして最終的にはやっぱり徳がなければならない。

(新浪剛史 サントリーHD社長)

 

人は赤ちゃんの頃と思春期の頃、2度の成長期がある。

 

これは身長の話で、20代に入るとほとんどの人は成長しない。

 

人の成長にはもう一つの成長がある。

人としての成長である。

悩みや課題、思うようにならないことなど自分に壁が立ちはだかるとき、自分を信じることができず課題から逃げたこと、乗り越えようと努力はしたが十分な努力ができず乗り越えられなかったこと、そんな自分もいた。

 

それでもまた挑戦をして、あるとき乗り越えられた自分がいた。そんな繰り返しの中で、人は成長していくのではないだろうか。

 

人生順風満帆、何をやってもうまくいく。もし、そんな風に人生を生きてきたら、きっと人の気持ちがわからない人物となってしまうだろう。

 

悩みや課題に向き合ってきたからこそ、人としての深さや大きさが養われる。

 

なかなか解決できなくても、あきらめずに挑戦を続けたから、人として成長ができる。

 

悩みや課題が多いということは、人としての成長期にあるということ。

 

それらはすべて自分の成長のためのチャンスと前向きに捉えて、明るく元気に進んでいきたいと思います。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.334