参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.366

忘れていたことの再発見、人間の脳にとっては、これこそ「偉大な発見」に通ずる近道なのである。

(アール・ナイチンゲール 「人間は自分が考えているような人間になる」より)

 

知っていることと解っていることは大きな違いがある。

 

知るとは、その存在を認め、その情況や内容、意味・価値をつかむ。記憶にとめること。

 

解るとは、物事の道理や筋道が正しくわかること。意味・内容をのみこむこと。

 

知るは、意味をつかむ、記憶にとめることなので、忘れることもある。

 

解るは、意味・内容をのみこむので、自分の中に栄養として吸収される。栄養として吸収されれば、エネルギーとして活動にいかされる。つまり、知っているレベルでは行動にはつながらず、解るレベルになることで、行動につながり、結果が導かれる。

 

私たちはいろんな物事を十分理解しているつもりでも、知っているレベルのことがあるかもしれない。

 

人から教えを受けて「あぁ、それなら知っている」と受け流すのは簡単だ。でも、そうではなくて「知ってはいるが、十分に理解できていなかった。」と、再発見の機会としてとらえるのが、正しい表現ではないだろうか。

 

人間の脳は全てのことをいつまでも覚えていたなら、間違いなくパンクして精神を病んでしまうことだろう。だから、忘れることで自分を守っている。

 

忘れるということは人間にとって避けられないシステムだ。

 

忘れてしまっているなら、再発見の機会を得たときに、今度は忘れる前に行動を起こして、偉大な発見にしていきましょう。

 

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.366