参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.378

実力の差は努力の差

実績の差は責任感の差

人格の差は苦労の差

判断力の差は情報の差

(受験の格言名言 大学受験合格大作戦より)

 

努力しても結果が出ないとき、そこには貴重な経験が残る。

 

たくさんの経験を積んでいる人は実力がある。だから努力して結果が出ないことを嘆く必要はない。

 

実力のある人は必ずどこかのタイミングで成果が出るから。

 

決めた目標にとことんこだわることができるのは、自分との約束をしっかり守ろうとする責任感の表れ。

 

責任感のある人は人からの信頼も厚くなり、助けてくれる人もたくさん現れる。

 

苦労をたくさん経験している人は、人の痛みがわかるから相手のことを理解することができ、人格の高い人として尊敬され信頼される。

 

しっかり勉強して情報をたくさん持っている人は、正しい判断をすることができる。

 

無駄な努力なんてものはない。

 

苦労は人を成長させる一番の肥やし。

 

努力、責任、苦労、情報、すべてを活かして充実した毎日にを過ごしていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.378