参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.392

一つのことに対して10年、20年、30年と同じ姿勢で、同じ情熱を傾けられるのが才能。

(羽生善治 将棋三冠)

 

一つのことを長く続ける。

しかも10年、20年、30年と。

まあ、それだけ続けることができれば、大抵のことはマスターできるのではないだろうか。

 

三日坊主という言葉もあるように、人間は同じことを長く続けるのが苦手。でも続けないとなかなか上手くならないし、望む結果を手に入れることは難しい。

 

一つのことに同じ姿勢で情熱を傾け続ける、最初からそのような才能を持っている人はまずいない。上手く工夫をしながらだんだんと手に入れたものだ。

 

コツコツ努力を継続し、習慣にしてしまうには、3つのコツがあるという。

 

一つは、小さな目標から始める。

健康のために今日から7階の事務所まで階段で上がる。全く運動していない人がそんなことをしたら、それこそ三日坊主になるだろう。まずは2階までは階段で行くとスモールステップで始める。

 

二つ目は、誰か(何か)の力を借りる。

やろうと決めたことを一人でやるよりも、同じ目標を持つ誰かと一緒にやるとか、アプリなどを活用して楽しみながらやる。

 

三つ目は、結果は長期的な視点で見る。

目に見える結果はそれなりに時間がかかるということを、しっかり心に言い聞かせて、すぐに結果が出てこないからといってやり方を変えない。

 

継続していくためには、他にもいろんな工夫があるだろう。

 

何よりも大事なのは「自分は続けることができる人間だ」と、自分を信じてあげること。

 

自分を信じてより習慣を作り上げて、望む目標を次々と確実に達成していきましょう。

 

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.392