参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.394

安岡先生から「思考の三原則」を教わった。

  • 目先にとらわれないで、できるだけ長い目で見ること。
  • 物事の一面にとらわれないで、できるだけ多面的に、できれば全面的に見ること。
  • 何事によらず枝葉末節にとらわれず、根本的に考えること。

(嶋 聡 『最強経営者の思考法』より)

 

昔、お客様と日本海に釣りに行ったことがある。

 

釣り船に乗って沖に出て大物を狙う。

さあ釣ろうと針に餌をつけていると、なかなかうまくつけられず、ずっと針先を見ていると、だんだん気分が悪くなってきて吐いてしまった。それからはもう船酔いで釣りどころではなく、ずっと船で横になっていた。それ以来、船釣りには行っていない。

 

あまりに近くのものばかり見ていると、気分が悪くなってしまう。

 

目先にとらわれている状態は船酔いと同じ。

 

マラソンや100m走で後退することはないだろう。

 

でも、人生ではいったん立ち止まったり、後退したりするようなこともある。

 

そんなとき目先のことにとらわれていては、望むような形でゴールすることはできない。

 

長期的な視点で考え、いま何をするべきか、様々な視点で考え、物事の本質を常に意識して、健康的に目標へ向かって進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.394