参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.414

積極的な人間はたくさんの間違いを犯します。

そしてその間違いから、何が正しいのかが分かるので、間違いをしない人よりも早く学ぶことができるのです。

(マット・フューリー 自己啓発作家・事業家)

 

積極的に行動をする人は、失敗の経験も多くなります。

 

消極的な態度が多い人は、機会を逃すことが多くなります。

 

失敗が多いとそれだけ学びが多くなります。しかし、失敗するたびにいちいち落ち込んでいたら、失敗を学びにすることは難しいでしょう。

 

失敗と学びにするためには工夫が必要なんです。だれでも失敗することは嫌です。失敗したときに気持ちが落ち込んでしまう人はいても、失敗した時に気分が上がるという人は少ないでしょう。だから人は失敗を恐れる傾向がある。

 

でも失敗を恐れてチャレンジしなければ機会も得られない。

 

失敗を恐れすぎて行動できないパターンから抜け出し、積極的になってたくさんのチャンスをつかむために、どうでもいいことに悩まない習慣を作りましょう。

 

たとえば今日着ていく服を何にしよう。

 

お昼ご飯は何を食べよう。

 

大事なお客様と会う時ならそれなりに服装を考える。

 

大切なお客様との昼食ならそれなりの場所を考える。しかし、そうでなければ服や昼食の選択を間違えても、一生後悔することなんてないのだから、些細なことで悩まないようにしましょう。

 

日頃の小さな意識の選択、行動の選択が習慣を作る元となる。

 

結果の影響が小さいことは、サクサク決めて、サクサク行動する習慣を身に着けていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.414