参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.430

人は知識のストックよりも、その人の変化率に興味をそそられるものだ。

そもそも知識がすぐ陳腐化する現在、「常に新しいことを学びつづける習慣」こそが、大きな差を生むのである。

(ムーギー・キム 投資アナリスト)

 

放っておいても周りの環境は変化する。そうすると現状維持というものは存在せず、成長か退化のどちらかということになる。

 

衰えることを喜んで受け入れる人はいないだろう。やはり成長しより大きな喜びを得たい、そう考える人が多いのではないか。

 

では成長を続けるにはどんなことが必要なんだろう。

 

成長し続ける人は、何らかの不安を持っており、その不安を成長の原動力にしている。

 

思うように結果が出ないときがあっても、結果が出るまでじっと耐えることができる。また成長し続ける人は謙虚で素直である。

 

自分が知らないことを知らないと認めることができ、謙虚な姿勢で学びを得ようと努力する。

 

謙虚さで様々な出来事を受け入れて、素直さでアクティブに行動し続けて、学び続ける習慣を獲得し、成長を続けていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.430