参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.432

成功の秘訣は、その人に活力があるかどうか。

強い活力を持っていれば、それが仕事に反映し、生き方にも表れてくる。

成功者は例外なく人に倍する活力を有している。

(広岡朝子 明治・大正期に活躍した実業家)

 

仏陀は「命は苦でできている。」と言った。

 

人間は避けることのできない苦難を負っており、それを「生老病死」と表現した。

 

だれでも苦しいことしんどいことは嫌だから、できたら楽をしたいと考える。楽をしたいという思いが文明を発達させたところもあるが、しかし、楽しようとすれば、必ず後でしんどいことがある。ならば先にしんどいことを引き受けてしまう。そうした方が実はしんどいことは小さくなる。

 

たとえば夏休みの宿題、毎日コツコツとやっておくのと、夏休みもあと3日というときに必死でやるのと、本当に活力のある人は、毎日コツコツとやっていき、それが習慣となるので、しんどさも感じなくなる。

 

活力のない人は、日々は流されて生活するので、つけが溜まっていって、後でつらい目にあってしまう。

 

活力ある積極的な生き方で成功の秘訣を獲得し、人生をより豊かなものにしていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.432