参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.434

人を支配しているのは意識ではなく無意識です。

(加藤諦三 社会学者・著述家)

 

WHOが世界・成人肥満率を発表している。

 

アメリカは何と31.8%で世界189ヶ国中24位。3人に一人は太っていることになる。ちなみに日本は4.5%で166位。先進諸国の中で一番成績がいい。(肥満率:肥満=標準体重×1.3以上)(標準体重=BMI 22、標準体重=22×身長×身長)(BMI=体重÷身長÷身長、Ex:63.6kg÷1.7m÷1.7m=22)(Ex:身長170cm 標準体重63.6kg、肥満82.7kg以上)

 

太らないようにするためには、できるだけ体を動かし、食べ過ぎないようにする。みんな分かっているはずだけれど、それでもアメリカでは3人に一人は肥満。なぜそうなってしまうかというと、理由は無意識。

 

人類の進化の中で最も脅威だったのが飢餓。だから人間は飢餓状態に陥らないように、食べられるときに食べようとしてしまい、ついつい食べ過ぎてしまうという習性がある。

 

自分は太りやすい体質だ。

 

自分は痩せにくい体質だ。

 

実際にそうかもしれないが、実はそれも無意識の仕業で、単なる思い込みかもしれない。

 

日本食という素晴らし文化に恵まれていることもあるが、日本人はデータからもわかるとおり、先進諸国で最も自分を律することができる国民である。

 

良い習慣を身に着け、無意識を活用できるところは活用し、それ以外は自分を律するところは律して、意識的に望む方向へと努力を続けていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.434