参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.449

「好きこそ物の上手なれ」

誰でも好きでやっていることは一生懸命になるし、それに関して勉強したり工夫したりするので、自然に上達するものである。

芸事は、無理して嫌だと思いながらやっても、成長はないということ。

(「故事ことわざ辞典」より)

 

何かに一生懸命打ち込んでいる姿は、誰でもカッコいいものだ。それだけ好きになれるものがあるというのは人生にとってとても幸せなことだと思う。

 

仕事を好きになって打ち込めば、必ずそれ相応の成果は出るだろう。そして、ちゃんと見てくれている人がちゃんと評価してくれるだろう。もし、誰も見てくれている人がいなかったとしてもしっかり実力が備わり、どこに行っても活躍できる人物になれるだろう。

 

今の時代、仕事もプライベートも打ち込めるものがないという人が少なからずいるようにも感じる。そんな時には、素直になってとりあえず目の前のことに打ち込んでみる。あるいは自分自身をしっかり見つめ直してワクワクできそうなことに思い切ってチャレンジしてみる。

 

無理だと思いながらやっても成長はない。

 

いいイメージをもって思い切って行動を起こしていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.449