参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.454

山は西からも東からでも登れる。

自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける。

(松下幸之助)

 

人生って電車みたいに敷かれたレールの上を走るわけではなくて、美しい大草原の一本道やジャングルみたいな木々が生い茂った道、あるいは厳しい上り坂や急なくだりなど、様々な道を運転手である私が自分自身の意思で歩いていくもの。

 

行く道の種類はいくらでもあるだろう。道は自分自身でいくらでも創っていける。その代わりに道を誤って回り道をしてしまうこともあるだろう。だから新しい道に踏み出していくことは不安がつきまとうものだ。でも不安を乗り越えた先に確かな自信を勝ち取ることができる。間違えたらまた引き返すなり、新たな道を創るなりすればいい。

 

自分自身の考え方の方向性を変えれば、道はいくらでも開ける。

 

山は西からでも東からでも登れる。

 

勇気をもって目標に向けて進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.454