参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.456

自分の心は自分で整えられる。

それができる人がしなやかだし、心がけて練習すれば、誰でもタフになれるのです。

(辻 秀一 スポーツドクター)

 

人は外界からの情報を認知し、自分なりの意味付けをし、様々なことを感じ、それぞれの行動を起こしている。

 

例えば雨音に気づいて、雨が降っていることを認識し「嫌な雨だな」と意味づけをし、嫌な気分を感じ、その気分を抱えて行動する。

 

雨は嫌、晴れは気分がいいと感じる人は多いかもしれない。でもよく考えてみると「嫌な雨」なんていうものは存在しておらず、雨は単に雨であって、嫌なものと意味づけしているのは自分。

 

人は他にも仕事や生活をする中で、様々なことを意味付けしいろんな気分になっている。

 

マイナスの意味付けを無くしてニュートラルにとらえる。

 

心がけて練習していけば誰でもタフになれる。

 

自分で自分の心を整えてしなやかに進んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.456