参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.459

辛くて苦しいことはたくさんあるんですけど、その経験が毎回自分を大きく成長させてくれるので、全部必要なことなんだと思います。

何の苦労も挫折もなく、簡単に夢を叶えてしまったら重みがないですし、喜びや達成感もないですよね。

(三宅宏実 重量挙げ女子日本代表)

 

重量挙げは毎日同じことの繰り返し、そんななか全く記録が伸びず自己ベスト更新が4年もできないときがあった。年齢を重ねるにつれ衰えを感じながら、もう無理なのか?そんな疑問と闘いながら、練習を積み重ね、ロンドン、リオと2大会連続でメダルを獲得した。

 

支えにしてきたのは「一日一生」という言葉。

 

同じ日は2度と来ない。

 

今日1日を自分の一生だと思って生きる。そんな意味の言葉。

 

しんどい時期は誰にでもある。その時期を乗り越えた先に成長した自分がいて、そこに本当の喜びや達成感がある。

 

信じて前へ前へ歩みを進めていきましょう。

 

日暮 宏一

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.459