参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.463

人間は損得で動いてはならぬ。

正直であること、正義であること、それにもとづいて動くのが人の道だ。

(中江藤樹 陽明学者)

 

ある侍が主君の使いの帰りに近江に立ち寄ったとき、馬子(馬を引く職人)を雇って旅館まで乗った。旅館に入ったあと馬の鞍にお金を忘れたことを思い出した。そのお金は主君から預かったもので数百両の大金。それを無くしたとあれば、切腹になるのは確実。侍は覚悟を決めて遺書を書いた。

 

夜が更けて、真夜中近くになって宿の戸をたたく者が。

 

なんと昼間の馬子がそこに立っていた。

16kmもの道を歩いてお金を届けに来てくれたのだ。

 

侍が「お前はそんなに正直なのか?」と聞くと、村に中江藤樹という先生がおり、その人の教えだという。

 

中江藤樹は「近江聖人」と言われ、人々から尊敬され、近江では彼の影響で忘れたものが必ず返ってきたという。

 

人は心が動くことで体が動く。

動く理由は3つ。

損か得か、快か不快か、そして正義かどうか。

最初の二つも一概に悪いこととは言えない場合もあるだろう。

 

できるだけ正しく生きていけるように、心に余裕をもって進んでいきたいと思います。

 

日暮 宏一

 

正しさ

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.463