参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.465

人生は、常に目の前に起こる物事を100%消化して、納得して前に進んでいるわけではなくて、時にはこれでいいのかな、分からないなと思いながら一歩ずつ前進している。

(長倉洋海 フォト・ジャーナリスト)

 

最終ゴールをしっかりと決めて、そこから逆算して今やるべきことを考える。それがまさに成功のための最も有効な方法論。今やるべきことを懸命にやっていく中で、人間だから迷いが生じることはあるかもしれない。だからすべてを納得して進んでいなくてもいい、手探りしながら進んでいるときがあってもいい、大事なことはどんな時も自分を信じて前進すること。

 

小さな一歩でも確実に前へ進んでいるのだから、少しであってもゴールに近づいているのだら、前へ進んでいることに自信を持って、目標達成への歩みを止めることなく進んでいきましょう。

 

日暮 宏一

 

目標達成

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.465