参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.468

人類の歴史はまさに不可能を可能にしてきた歴史だと思います。

今、私たちがこうして現代に生きていること自体が、まさに過去の人々から見れば、まさに夢の中に暮らしているといっても過言ではないでしょう。

さらに、これから100年後、いや10年後にどんな世の中になっているかは、誰もわかりません。

それは、想像を超えるような世界かもしれません。

しかし、それは誰かが考えた世界なはずです。

人間が想像できることは実現できます。

私たちには無限の可能性があるのです。

(福島正伸 アントレプレナーセンター代表)

 

米ノートルダム大学のハーバート・トゥルー博士は、MBAクラスでマーケティングの権威である。彼の研究に興味深いデータがある。営業マンの44%が1回目の電話であきらめ、2回目の電話で24%の人があきらめ、3回目の電話で14%の人があきらめる。そして4回目の電話で12%の人があきらめる。

 

1回目から4回目の電話であきらめる人までを足すと、なんと94%。ほぼすべての人があきらめていることになる。ところが販売活動の60%は5回目以降の電話で成立している。結局、あきらめない人が成果を手にしているということになる。

 

あきらめない気持ちを持続し続けるためには、まずは自分の可能性を信じること。

 

私たちは不可能を可能にしてきた人類の一員だ。

 

人としての誇りを持って、諦めないでコツコツと努力を継続し、目指すゴールへたどり着きましょう。

 

 

ゴールへ向かって

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.468