参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.470

「進む」ことが強いときもある。しかし、今この状況で強さとは踏みとどまることだ。

(福本伸行 『アカギ ~闇に降り立った天才~』より)

 

「逃げるは恥だが役に立つ」という人気漫画があり、2016年10月にはテレビドラマにもなった。最終回は20%を超える視聴率を獲得し、「逃げ恥」の略称で話題となった。

 

「逃げ恥」はもともとハンガリーのことわざで、恥ずかしい逃げ方だったとしても生き抜くことが大切、時には逃げるという後ろ向きなことがあってもいい、一旦逃げたとしても最終的に前へ進めばいいというような意味だそうだ。

 

人は成長し続けることでより大きな幸せを感じることができる。だから前へ前へと進んでいくことが大切。しかし、状況によっては立ち止まること、また場合によっては一旦後退するようなことがあっても、あきらめないで方向だけは前を向いていれば、嵐が去ったときに大きく前へ進むことができる。

 

人生は順調な時ばかりではない。思い通りにならない時期があるから知恵が生まれる。

 

状況に応じた対応を取りながら、前へ進んでいきましょう。

 

とどまる

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.470