参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.476

大切なのは、その日のストレスはその日に解決することです。

趣味の時間を作る、運動する、美味しいものを食べる、早めに寝るなどして、積極的にストレスを解消する時間を持ちましょう。

この「ストレス一日決算主義」を心掛けることが、心の健康を保つ秘訣です。

(山本晴義 医師・横浜労災病院メンタルヘルスセンター長)

 

平成26年6月、労働安全衛生法の改正により企業の労働者に対するストレスチェックが義務化された。これは精神障害による労災認定が増加していることが原因だ。

 

ストレスがあるというのは悪いことのように思われるが、ストレス自体が悪いのではなく、それを解消することができず貯め込んでしまうと精神的な問題を起こしてしまう可能性があるということが問題。むしろストレスとうまく付き合い解消していくことで、心の成長や人としての成長につながる。逆に何のストレスもない毎日では人は退化していくだけかもしれない。そういう意味でストレスはありがたい存在だ。

 

「ストレス一日決算主義」を心がけることで、強い心を育てていきましょう。

 

日暮 宏一

 

ストレス解消

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.476