参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.481

思考が人生の羅針盤なのである。

いったん方角を定めてしまえば、自分が意識して修正しないかぎり、同じ方向へとどんどん進んでいってしまう。

(アール・ナイチンゲール 自己啓発作家)

 

羅針盤とは磁石が南北をさす法則を利用して、船舶や航空機の針路を測る機器である。羅針盤は磁石が南北をさすという基本的な法則に基づいて、進むべき方向を示してくれる。

 

私たちの人生も羅針盤と同じように、基本的な考え方があれば向かうべき方向は指し示される。この基本的な考え方、思考が間違っていると当然誤った方向へと進んでいってしまうし、正しければ目標へ向かって正しく進んでいく。

 

そのよりどころとなる羅針盤は感情ではなく思考でできている。それは人生でいえば、自分自身がどうありたいのかということ。自分がどうありたいかという思考が羅針盤そのものだ。

 

やり方も大事ではあるけれど、羅針盤ともいえるあり方が最も大事。

 

正しい考え方をもって目標へ向かうことで、人生の航海を目的地に向けてスムーズに進んでいきましょう。

 

日暮 宏一

 

人生の羅針盤

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.481