参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.482

どんな場合も、一言めは必ず明るい言葉をいうことだ。

最初に明るくいうと、それに続く言葉や周囲の雰囲気は、自然に前向きになってくる。

(斎藤茂太 精神科医)

 

日本語には言霊が宿っているといわれる。

言霊とは、言葉には霊的な力があると信じられ、発した言葉は起こる出来事に影響を与え、良い言葉を発すると良いことが起こり、悪い言葉を発すると悪いことが起こるとするもの。

 

何かを始めるときにマイナスなことを言った人に「不吉なことを言うな!」などと言ったり、結婚式で使ってはいけない言葉があったり、受験生がいる家庭で言葉を気にしたりするのは、正に言霊を信じている姿と言えるだろう。

 

実は言霊は日本語だけに宿るものではないようだ。聖書のヨハネによる福音書の始まりは「初めに言葉があった。言葉は神とともにあった。言葉は神であった。この言葉は初めに神とともにあった。すべてのものは、これによってできた。」とあり、外国においても、言葉は大切にされていることがわかる。

 

人間の心は言葉一つでいろんな動きをする。心の動きが行動に影響を与え、行動が結果を生む。そう考えるとやはり言葉は大きな力を持っている。

 

大きな力を持っているその言葉を発した時に、一番近いところで聞いているのは間違いなく自分自身だ。そう考えると自分の発する言葉に一番影響を受けるのは?自分ということになるだろう。

 

人との出会いの中で一言めはたいてい挨拶から始まる。

 

心を込めて明るく挨拶をして、自ら今日一日を充実した明るいものにしていきましょう。

 

日暮 宏一

 

明るい笑顔

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.482