参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.500

人を熱烈に動かそうと思ったら、相手の言い分を熱心に聞かなければならない。

(デール・カーネギー)

 

熱い思いが空回りすることがある。

人は強い思いを持っているほど、相手との温度差を発生させてしまうことがある。人はそれぞれに熱を持っているから、熱の温度を同じような状態にしなければ、せっかくの思いが伝わらない。

 

まずは相手の温度を測るために訊ねる。

そして相手の考えを聴く。

 

ただ単に聞くのではない。

聴くという漢字は相手の考えを耳+目と心で聞くものだ。

 

相手の言い分を熱心に聞いて、心を揺さぶるコミュニケーションを交わしていきましょう。

 

日暮 宏一

 

傾聴

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.500