参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.504

世の中には、ささいなことで怒ったり、悲しんだりする人が少なくないが、そういう場合、よく考えてみると、問題は必ずしも相手側だけにあるのではなくて、しばしばこちら側にもあるので、よい心の鏡を持つことは、人のためよりも、むしろ自分のためにもなるのである。

(平澤 興 医学者・京都大学第16代総長)

 

イラっとさせられる、イライラさせられる、普通の表現のように思うがアドラー心理学的には少し違う。すべての物事は自分が決めて行っていると考える。同じ出来事があっても、その反応は人によって違う。

 

怒ったり、悲しんだりはある状況がそうさせるのではなく、ある状況に対して自分が選んでそうしている。

 

「〇〇に対して私はイラっとすることにした。」

 

「〇〇に対して私は悲しむことにした。」

 

そんな考え方を取るのがアドラー流。

そう考えることでどんな出来事に対しても選択の余地ができ、正しい選択によって、良い反応を取ることができる。

 

「〇〇させれる」という被害者意識から脱却し、自分の考えで正しい行動をするために、心の鏡をピカピカに磨いておきましょう。

 

日暮 宏一

心の鏡を磨く

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.504