参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.507

自信は、そのときにできなくても『そのことに対して努力を続けることができる』という自分に対する誇りなんだよ。

(芦塚陽二 芦塚音楽研究所代表)

 

自分なりに一生懸命努力をしたけれども上手くいかなかった。そこで冷静に振り返り、またチャレンジする。

 

それでも上手くいかない。

またチャレンジする。

 

そんな繰り返しをして目標達成したことがある人は、一度や二度の失敗によって折れてしまうということがなく、達成するまで努力を重ねることができる。

 

逆に言えば何度もうまくいかない経験をした方が、少々のことで折れない本当の自信を養うことができるということ。

 

スランプや失敗を工夫と努力によって乗り越えて、確かな自信と自分に対する誇りを手に入れましょう。

 

日暮 宏一

 

 

ポジティブ思考

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.507