参謀note

経営と教養のための名言マラソン Vol.515

人生に変化を起こすのは、いつもほんの少しの余分の努力なのです。

(マット・フューリー)

 

「塵も積もれば山となる」ということわざがある。

 

旧約聖書にアダムは塵から作られたとある。

動きようのない大きな山や、宇宙に匹敵するぐらい精密な組織である人体。それぐらいすごいものでも塵のような微細なものの、積み重ねによってできると例えられているぐらい、積み重ねは大事であることが昔から言われている。

 

毎日その日の実力に1%の努力をしていったとすると、1の翌日は1.01、その翌日は1.0201、その翌日は1.0303、365日経った時には37.783で37倍以上の力になっている。

 

逆に毎日1%ずつさぼってしまったときには、1あった実力は1年後には0.026になっている。その差はなんと1,453倍になる。

 

これは楽天の三木谷さんがブログに書いた記事が、ネット上で話題になったものだが、単純に1の力に1%ずつ足していったとしても、1+0.01×365=4.65。

 

努力ができず1のままの力だった人と比べていたら、その差は歴然としたものになる。

 

ほんの少しの余分の努力は必ず誰にでもできること。自分の力を信じてちょっとした積み重ねを継続することで、人生にプラスの変化を作り出していきましょう。

 

日暮 宏一

 

変化を起こす

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.515