参謀note

経営と教養のための名言マラソン Vol.517

朝、玄関には二足の靴がある。

一つは「また今日も始まるのか……」という靴。

もうひとつは「さぁ、今日も始まるぞ!」という靴。

どちらの靴に足を入れて家を出るのかは本人次第。

でも、どちらの靴を選ぶのかは、その人の資質であり、そしてその日に選んだ靴を脱ぐ瞬間まで、履き続けられるかがその人の才能となる。

(中村信仁 『営業に意味』より)

 

私たちは生まれたときには横になって泣いているだけだが、やがてハイハイするようになり、何度か失敗を繰り返した後に、二本の足で歩けるようになる。

 

歩く練習をする中で何度か失敗をしたことで、「私にはできない」なんて投げ出す赤ちゃんはいない。

 

人間は二足歩行できるという資質があるけれど、鳥のように空を飛べるという資質は持っていない。

 

資質とは、その人が生まれ持った性質で天性ともいわれる。あとから身に着けることは難しいとされるが、自分にどんな資質があるのかは、自分ではわからない。

 

だからできると信じて努力を重ねることが大事。

 

自分に与えられた資質を開花させるために、ちょっとした心がけと継続的な行動を実践していきましょう。

 

日暮 宏一

 

継続的な行動

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.517