参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.518

次にくるかこないか分からない機会のために練習を怠らない。

そうやって準備をする人に機会は訪れる。

(中村信仁 『営業の意味』より)

 

代打の神様といえばだれを思い浮かべるだろう。桧山選手や立浪選手を思い出す人も多いかもしれないが、阪神の八木選手以外は認めないという人が多いそうだ。

 

八木選手は岡山出身。

高校時代から4番を打ち、社会人から阪神タイガースにドラフト3位で入団し、4年目からレギュラーに定着。掛布2世と呼ばれ、阪神でも4番を打つなど主力バッターとして活躍した。

 

11年目のシーズンが終わると戦力外とされたが、吉田新監督が就任したことで認められ残留し、12年目の1997年は代打での登場で打率4割をマーク、続く98年のシーズンはしばらく5割の打率を維持し、「代打の神様」と呼ばれるようになる。

 

その後、2003年には故障者が出たときなどはスタメン出場し、期待に応える活躍をして18年ぶりの優勝に貢献した。

 

代打はまさにいつ機会が来るかわからない。それでもその機会を信じて準備を怠らない者だけが、大事な機会をとらえ次につなげることができる。

 

準備することで機会を自ら呼び寄せ、機会をまた次の機会を生むキッカケへと繋げていきましょう。

 

日暮 宏一

 

準備を整える

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.518