参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.534

人間が素晴らしい関係を築く上で大切なことは、決して情熱的な愛情などではなく、日々の生活における相手へのさりげない思いやりであり、それを受け入れる素直さではないか。

(鈴木秀子 文学博士)

 

じわじわとしみ込むように浸透したものは、習慣という形になって、なくてはならないものになる。

 

さりげない思いやりの行動は、気軽に受け取ることができる。それでもずっと送られていると、じわじわと浸透して、なくてはならないものになる。それは受け取っているときは気づかないかもしれない。でも失ったときには必ずわかるものだろう。

 

いつもさりげない思いを届けることができて、逆にさりげない思いに感謝できる人になって、素晴らしい関係を築いていきましょう。

 

日暮 宏一

 

愛情

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.534