参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.540

やっぱり第一歩が怖い。

踏み出せるかどうかが分かれ目。

やってみる。やればできる。

出来なかったらまた考えたらいい。

(高橋幸枝 100歳の現役精神科医)

 

人生には何度か転機がある。

人生の分かれ道といえる転機において、一歩踏み出し、不可能と思えるようなことも可能にしてきた高橋さん。今から50年前に神奈川県秦野市で秦野病院を開院。病院の向かいにはグループホームを開設。グループホームの3階が高橋さんの自宅。建物の外側についている階段を使って、30年以上100歳の今でも往復している。

 

不可能に思えるようなことを可能にしてきたのは、ちょっとした事の積み重ねだと高橋さんは言う。

 

食べ過ぎない、適度な運動をするなど、あたり前のことを日々の生活の中で大切にする。同じように仕事でもあたり前のことをしっかりと行い、生涯現役で活躍を続けている。

 

あたり前に思えるようなことも丁寧に行い、「やってみる、やればできる」を現実としていきましょう。

 

日暮 宏一

 

やればできる

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.540