参謀note

経営と教養のための名言マラソン

経営と教養のための名言マラソン Vol.554

毎日の生活を雑にこなしても、丁寧にやっても、実は、それにかかる時間はあまり差がありません。

雑にすれば心が寂しく、丁寧にやれば心が優しくなります。

(沖 幸子 生活経済評論家)

 

変化の激しい現代、毎日やらないといけないことがいっぱい。いろいろやらないといけないことがあったとしても、丁寧な生き方をしている人は、一つ一つ片付ける。雑な生き方をしている人は、面倒なことはすべて後回し。

 

必ずしも後回しが悪いわけではなく、逆に完璧主義で何でもかんでもキチンと片付けていたら、時間が足りなくなって、最後は雑になってしまうことがあるから、たとえ面倒に感じてもすぐ片付くことはすぐに片づけて、それなりに時間のかかることはスケジュールを立てて行おう。

 

優先順位を考えながら、丁寧にやるべきことをこなして、時間に追われるのではなく、時間を有効に活用する生活をして、心優しく穏やかな生き方をしていきましょう。

 

日暮 宏一

 

 

時間を大切に

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. 経営と教養のための名言マラソン Vol.554