参謀note

現場日記

チームで強くなる

 

約6カ月間に及ぶ研修事業の依頼をいただいたお客様の現場で、成果が垣間見れたうれしい出来事がありました。

 

詳しいことは書けませんが、

組織の中で1人のカリスマを求めたり、不遜にも「なろう」とするのではなく、不足を補いあう関係と場面に応じたリーダーの交代でプロジェクトが大きく前進したことの確認ができました。

 

取り組むスタッフたちの表情や行動に、活力があらわれていることも確認できた。

 

強く確信していることがあります。

小規模企業の強みは何と言っても、柔軟さと素早さであること。

 

柔軟さと早さが定着してくれば、頑固さは程度にもよりますが愛嬌に変わったりもします。

 

経営学や心理学などで伝えられている定説や学説は、知らないよりかは知っておいた方が「確からしさ」を担保する組織行動の隠し味になります。

 

「まだまだ見捨てたもんじゃない」。

ただし、学ぶことを諦めないならば。

 

そんなことを感じさせられた、とても良い経験と私自身の学びを得られました。

 

感謝。

 

参謀 青木 永一

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. チームで強くなる