参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.15

風邪に向かって軽やかに走る君がいる

伯耆大山高く見て走る君がいる

あの山は挑戦をいつも見つめていた

のり越えるのは自分の壁

b君は今日強くなる(中略)

白い波を乗り越えて泳ぐ君がいる

魚のようにあざやかに泳ぐ君がいる

皆生の街は挑戦者を見守ってきた街

のり越えるのはそのハンディ

君は今日から強くなる

(高石ともや 「君よかがやけ」)

 

大臣の子供として生まれる人もいれば、内戦の中、貧困家庭に生まれる人もいるように、100%公平な世界というのはあり得ない。でもそれを不公平と感じるかハンディキャップ(課題)と捉えるかによって、その後の人生は大きく変わる。

 

壁があるから、課題があるから人は強くなることができる。障害とは正常な進行や活動の妨げとなるもの。ある人は、障害というものは、その人の人生においての「生き難さ」と表現した。そのように障害をとらえると多くの人が何らかの障害を持っているといえるかもしれない。

 

上手くいかないな、難しいなって思うことがあるときはそれを乗り越え成長するチャンスが来ているとき。

 

壁や課題を前向きにとらえて、一つ一つのり越え成長の道を歩んでいきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.15