参謀note

経営と教養のための名言マラソン

グレの名言マラソン Vol.24

どのような道をどのように歩くとも、いのちいっぱいに生きればいいぞ

(相田みつを 詩人・書家)

 

まっすぐな道を目標に向かって歩いていきたい。でも実際はでこぼこ道だったり、曲がりくねった道だったり。でも、もし平坦でまっすぐな道が続いていたら、きっと人は何となく道を進んでいくだけだろう。

 

でこぼこ曲がりくねっているからこそ、悩み考える、そのことで心が強くなる。さらに急な上り坂があるから、筋肉も付いている。

 

目標に向かう道は自分を成長させてくれる道。どんな道も喜んで受け入れて、命いっぱい生きる。すなわち自分に与えられた時間を大切にして、充実した時を過ごしていきましょう。

 

この参謀noteの著者:

参謀青木 永一

参謀の特長
ベルロジック株式会社 代表取締役 経営学修士(MBA)メンバーの中でも、異色の経歴を持つ。 前職は、事業者向け専門の「ナニワの金融屋」であり、30代後半までの15年間の経験の中で、約500社を超える倒産と間近に関わってきた。
お問い合わせ
  1. グレの名言マラソン Vol.24